女性が意外と知らない男性の話:用をたすときにパンツの窓を使わない件

「最近驚いたんですが、男性ってパンツの窓を使用しないんですね!」という便りを以前ラジオで読み上げていた。「俺も使わないな。でも他の人どうなんだろう。男同士でそんな話したことないからわかんないや」と回答するナレーター。私も使わないが、冷静に考えてみると、なぜ使いもしないのに窓が開いているのだろうか。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/aa/Tizian_081.jpg/440px-Tizian_081.jpg

中世ヨーロッパでは、(中略)腰と太ももで紐で固定するブライズ(braies)と呼ばれる薄手の素材のズボンが着用されていた。(中略)ブライズの前面には、ボタンや紐で留められる窓があり、脱がずにここを通して男性は排泄を行うようになっていた。この窓は徐々に男性の魅力を増すため装飾され、コッドピース(codpiece)と呼ばれるようになる。イギリスのヘンリー8世は、局部を際立たせるために詰め物を入れることを考案したとされており、16世紀末までこのアンバランスな流行は終焉することはなかった。下着 - Wikipedia

 やはり遠い先祖からの名残り。中世ヨーロッパではしっかり窓として使っていたようだ。さらには、詰め物を入れて際立たせていたとは驚きである。今でいう女性の胸パッドのような存在だ。だから開けてみるまでは分からないワクワクも詰まっていたのかもしれない。

話は現代に戻り、そのパンツの窓は使われなくなってきている。ロケットニュース24でも取り上げており(パンツの「社会の窓」は必要なのか? )、編集部メンバー全員が窓を使用していないと答えている。男性からすれば「まあそうだろうな」という意見だが、女性からすると常識を覆される衝撃のようだ。

ある女性が、雷に打たれた衝撃のままパンツを振り回して疑問を知恵袋にぶつけている。

現在、オーストラリアで長く住んでおります。元彼のパンツに窓が付いてませんでした。どうやって用を足すのか?と聞いたら、想像していたようなショッキングな状態で用を足しているようです。

(中略)

と、いうことはみんなあの方法で用を足してるはず…。用を足すだけで毛が丸見えです。日本でも窓なしパンツ最近流行ってるんですか???みんな履いてるんですか???

窓がない男性用パンツは日本でもメジャーなんですか?- Yahoo!知恵袋

回答者のいうように、窓を使用しない理由は単に面倒だからである。わかるわかる。普通に窓を通さずに、ゴムの部分を下に下げて上からコンニチハしたほうが早い。だから想像したら分かるだろうが、男性のパンツで汚れる部分は窓ではなく、ゴムの部分になる。そしてパンツの全面のゴムの部分が一番伸びやすい。よく見てみろ。その干されているパンツ、パンツのゴムが前方向だけ伸びてやしないか。伸びていたら聞いてみよう、きっと窓使わない族の人間だ。

最近は無用の長物である窓がないパンツが増えているらしい。個人的には、使っていないにしろ窓ありパンツに親しんでいるから、窓なしだとデザイン的に違和感を禁じ得ない。

…と思い、今自分のパンツを確認して驚いたが、デザインとして窓っぽい縫い目があるだけで、窓がなかった…なんだこりゃ…

 

私たちが知らない間に、この世界からは次々と窓が閉ざされ、隔離されていく。消えていくパンツの窓の群れの中で、窓をパクパクしながら彼らはこう語りかける。

「ものを見ただけで判断してはいけないよ」

新しい知見が開いた瞬間だった。